ミッション

クラブ理念

SAITAMA

埼玉県内の青少年の健全育成に寄与します。
埼玉県内におけるスポーツ、サッカーの振興に寄与します。
埼玉県内の地域コミュニティ醸成に寄与します。

クラブ・フィロソフィー HI-TA-MU-KI~ひたむき~ 2017年メッセージ 「夢は声に出して語ろう」

具体的な活動案

「生涯型スポーツクラブ」を目指します。

トップ(JFL)、セカンド(関東)、サード(県)、4th(市)、そしてシニア(O-60、O-50、O-40)と、それぞれのカテゴリーにチームの設置を目指します。選手は個人の技量、生活環境に応じて、適したカテゴリーを選択してプレーを続けてもらいます。また状況においては、県内に「支部」の設置も検討し、さいたまSCとして伝統的な「真面目さ」「最後まで諦めない気持ち」「社会人としての誇り」などの“イズム”を伝えていきます。→「プロ」には戦力外通告がありますが、さいたまSCにはありません。

子どもたちの目標、集える場づくり

県内の高校で活躍した子どもたち、クラブユースで活躍した子どもたちにとって、「プロ」は大きな夢ですが、逆に現実性の低いものになっているのも事実です。また大学、特に関東大学リーグの「全国区」化が進み、県内の子どもたちが進学できてもサッカー部に入部できない現象が見られます。反面、県内大学サッカー部は力をつけており、進化し続けていくものの、やはり活動の期間は4年間しかなく、頼るところは「社会人」チームではありますが、それまでとの環境の落差からサッカー離れ(フットサルへの移行)が見られます。合わせて、プロになれなかった子どもたちが全国の地域リーグレベルを“流浪”し、「社会人」になれない現象を憂慮しています。埼玉在住の子どもたち、青年たちが、社会人として精一杯サッカーができる環境を整えることが急務と考えています。

「第二の人生」に活力を

プロになりながらも若くして引退を余儀なくされるなど、最後までサッカーをやりきれなかった選手たちの「受け皿」になりたいと考えています。さいたまSCという「コミュニティ」の中で社会人としてのモラルなどを吸収してもらい、逆に「プロ」の厳しさなど経験を伝えてもらうことで、クラブをより進化させていきたいと考えています。→アマチュアとして「どうサッカーと関わっていくか」を、さいたまSCを通じて考えてもらいたいと考えています。

スクールの開催

埼玉県内において、スクールの開催を予定しています。またホームゲーム開催後にも、子どもたちと一緒にサッカーを楽しめる場所と時間を提供したいと考えています。

「ショー」の開催

県内各地のイベントにおいて「ショー」(寸劇)を行い、クラブとしての広報活動と同時にスポーツの楽しさ、サッカーの楽しさを子どもたちに伝えます。

アマチュアチームとして日本一を目指す

トップチームでは年代を超えた名選手たちが集い、「埼玉オールスターズ」で日本一を目指します。

フェアプレーの遵守

(公財)埼玉県サッカー協会が掲げる「フェアプレー日本一を目指します」に呼応して、さいたまSCのすべてのカテゴリーのチームにおいて遵守していきます。