「良い部分を伸ばすトレーニング!」 セリオサッカースクール日誌(西大宮校)

  • 2018/11/08 更新

「良い部分を伸ばすトレーニング!」  セリオサッカースクール日誌(西大宮校)

これは、佐藤コーチが書きました

みなさんこんにちは!2018.11.2(金)寒くなってきましたが、
子どもたちと寒さに負けないように元気いっぱいトレーニングを行いました。

S__19997187.jpg

u-8

このカテゴリーでは、まず始めにワンバウンドリフティングを行いました!
いつもこのカテゴリーではワンバウンドリフティングからトレーニングが始まることが最近多いですが、
その成果もあって回数が100回を超える生徒も増えてきました!
ワンバウンドリフティングをやる上で回数だけにこだわっているわけではありません。
姿勢やボールをきちんと蹴ることができているのか、など回数以外にも大切なことはあります。
ですが回数を多くするには毎回ボールをきちんと蹴ることができ、
自分の思い通りにボールを扱うことができている必要があります!
やはりリフティングが上手な選手はボールコントロールやドリブル、
トラップが上手な選手がほとんどだと思います!(もちろん全員がというわけではありませんが)
このカテゴリーの選手たちもボールの触り方が良くなってきました。
蹴るときにきちんとボールの芯を捉えて蹴ることができるようになってきました!こういった成長が見られます!
サッカーの基礎的なことがつまっているリフティングはこれからも継続してやっていきたいと思います!

今日はパスの練習をしました!
2人組でコーンの間にボールを通しながらパスしてゴールに向かって、シュートをするトレーニングを行いました!
パスは一人ではできないですよね。パスをする人、そのパスを受ける人、出し手と受け手の関係がないとできません。
出し手の人は受け手の人がどんなパスをほしいのか、
どういった状況なのか、どこにパスをすれば良いのかを判断してボールを蹴る必要があります。
受け手の人も出し手の人の状態を見てどこならパスを受けやすいか、ゴールに向かうことができるのかを考えて動く必要があります。
もちろん正確なパスを出せること、正しいポジショニングをとることは大切ですが、
このトレーニングでは子どもたちがペアを組んだ相手のことを考えながらプレーすることができていたので非常に良かったと思います!
サッカーはチームスポーツですから、味方のことを考えてプレーできる選手は良い選手になれると思います!
セリオの選手たちはそのことをわかっているので、ミニゲームを見ていても、味方のことを考えてパスをしているな、
パスをしやすいところにいるなとコーチたちが感じるプレーがたくさんあります!
こういった意識はサッカー以外の日常生活や学校生活でも大切だと思います!
子どもたちのこういった良い部分をもっと伸ばせるようにしていきたいと思います!

 S__19997188.jpg
u-10

このカテゴリーでは、ワンバンドリフティングの前段階のトレーニングから始めました!
ボールを手で投げてそれをインステップで真上に蹴りキャッチするトレーニングを行いました!
このトレーニングを始めた頃はつま先でボールを蹴ってしまったり、
ボールを真上に蹴ることができず、ボールを遠くまで拾いに行くことがたくさんありました。
ですが今日のトレーニングでは、ボールをインステップできちんと捉えることができるようになってきました!
キャッチすることができなくてもボールの回転や蹴る音が始めの頃に比べて格段に良くなってきました!
こういったトレーニングは繰り返しやる必要があるので、子どもたちがスクール以外の時間でもトレーニングしている成果だと思います!
セリオでサッカーを始めた子どもたちが、
セリオでのトレーニング以外の時間でもサッカーをしようと思ってくれていることはすごく嬉しいことだと思います!
今回はこのトレーニングを宿題にしました!来週のトレーニングではワンバンドリフティングに挑戦したいと思います!

次のトレーニングではドリブルからのシュートをやりました!
たくさんの種類のドリブルをトレーニングしました!
インサイドだけで、インサイドとアウトサイドを交互に使って、シザースをして、ダブルタッチをして、必ず両足を使うようにしたり、
とたくさんの種類のドリブルをトレーニングしました!
ドリブルも一人でできるトレーニングの一つなので、時間を見つけてたくさんトレーニングしてほしいと思います!

このカテゴリーの生徒はすごく楽しそうにサッカーをプレーします!
もっとサッカーが楽しいと思ってくれるようにコーチたちも頑張りたいと思います!来週も楽しくトレーニングします!

S__19997189.jpg 

最後に

私たちコーチ陣は現役の選手としてプレーしています。それは本当に幸せなことだと思っています。
選手を続けたくても続けられない人もいる中で、今でもサッカーを全力でプレーすることができている。
そんな私たちだからこそ子どもたちに伝えられることがあると思います。
サッカーの技術的なことはもちろんですが、サッカーの素晴らしさ、楽しさ、厳しさ、色々なことを伝えることができると思います。
子どもたちと近い年齢である私たちだからできること、理解できることもたくさんあります。
まだまだ未熟者ですが、子どもたちと共に成長しながら、頑張っていきたいと思います。
そんな私たちとサッカーをしたいと少しでも思ってくれた方がいましたら、西大宮校、与野校、の両校どちらでも構いません。
一度足を運んでみてください。私たちはいつでも歓迎しています。一人でも多くの方が来てくれることを楽しみにしています。


Yahoo! / 大宮経済新聞で紹介されました

無料体験申込